出雲国風土記の最古の注釈書、影印本「出雲風土記抄」を発刊しました

「出雲風土記抄」は、最初の出雲国風土記の注釈書として江戸時代の役人であった岸崎佐久次によって書かれました。その写本の最も古いものが古代出雲歴史博物館が所蔵する歴博本と呼ばれるものです。
その歴博本を、影印本としてこのたび発行することになりました。これまでなかなか手に取ることができなかったこの注釈書は、風土記の研究者にとっては貴重な資料と言えます。
「出雲風土記抄」の内容の一部を電子ブックでもご覧いただけます。