隠岐の島町在住の安部才朗さんがハーベストブックスから新著を発刊されました

著者の安部才朗(としろう)さんは、1947年島根県隠岐の島生まれ。広島工業大学建築学科卒。

広島の夜の繁華街でアルバイトを続けた苦学の大学時代。
日本初の建築工法に着手したあと、初期のエアーテントの建設に携わったサラリーマン時代。
現在74歳の著者は、30年間住み慣れた千葉県我孫子市に別れを告げて、生まれ故郷の隠岐の島に帰ってきました。
現在、隠岐の島町ではNPO法人による小さな介護施設「宅老所くすもと」を家族と近所の奥さんたちとで運営しています。
メモ書き程度に残していた日記を頼りに幼い頃の思い出から青年期までの思い出を振り返ります。

ハーベストブックス刊
ISBN978-4-908420-02-03 C0095
四六判、並製本、256ページ
定価1320円(税込)

■販売は、弊社BASEショップで
■電子ブック立ち読みはこちらから。