松江歴史館で、明日から企画展「神々の美術-出雲の神像と神宝」が始まります。

松江歴史館で、明日から企画展「神々の美術-出雲の神像と神宝」が始まります。2024年4月26日(金)~6月16日(日)です。

日本人は仏教伝来以前、神を海や山、岩、樹木などに宿るものと考え具体的な神の姿を表しませんでした。しかし、大陸から仏教が伝わり仏像を目にすると、やがて神の姿を表すようになります。それが神像です。同時に日本人は、人々を救済するために仏が神の姿となって現れたと考え、仏像も神像同様に祀られ信仰されました。
また、日本人は神が衣食住において、我々同様の生活を送っていると考え、衣装や化粧道具など神が日常生活に必要なものを造り奉納してきました。それが神宝です。
本展では、出雲の寺社に遺る神像や仏像、神宝などを展示し、出雲の人々の神々に対する思いや信仰について考えます。

リレー講座は次の予定です。

  1. 「仏の姿をあらわす神―本地仏」
    日時/4月27日(土) 14時~15時
    講師/的野 克之(当館学芸専門監)
  2. 「370年前の地誌『懐橘談』で見る出雲国」
    日時/5月11日(土) 14時~15時
    講師/新庄 正典(当館主任学芸員)
  3. 「美の玉手箱、国宝・秋野鹿蒔絵手箱について」
    日時/5月25日(土) 14時~15時
    講師/大多和 弥生(当館副主任学芸員)
  4. 「ゑびす様に願いを託す―鳴物奉納のワケ―」
    日時/6月1日(土) 14時~15時
    講師/笠井 今日子(当館副主任学芸員)
  5. 「すみずみまで見てみよう!出雲大社蔵三十六歌仙図額」
    日時/6月8日(土) 14時~15時
    講師/藤岡 奈緒美(当館副主任学芸員)

場所/松江歴史館 歴史の指南所
定員/各回60名 ※要予約、先着順
聴講無料

<お申し込み>松江歴史館 TEL0852-32-1607(9時~17時、休館日除く)

ぜひご覧ください。

観覧料:大人500円。小中学生250円。

詳細はこちら