山城シリーズ第4弾「安芸の城館」を片手に、山城探訪をしてみませんか?

「出雲の山城」、「石見の山城」、「土佐の山城」に続く、山城シリーズ第4弾「安芸の山城」が2020年12月16日全国の書店・ネット書店で発売されます。
 
東西勢力の境目であった安芸国。安芸国では南北朝から戦国の争乱の中で毛利氏が台頭。安芸国から中国地方全域へと勢力を拡大していく。
 幾多の激闘が繰り広げられ、安芸だけでも七〇〇を超える城館が築かれた。
 戦国時代の終焉から約四百年、草木の中に存在し続けた遺構にふれ、悠久の歴史に思いをはせることは山城歩きの楽しみだ。
 本書では、豊富な写真や略測図、発掘資料なども多数収録、城郭研究者が「地理」「歴史」「構造」などの視点から多角的に解説する。
 入門者から上級者まで、山城ファン必携の一冊。

第一章 安芸の城館を探る
第二章 安芸の城館を歩く
第三章 明らかにされた安芸の城館